新社会人

新社会人の心構え

新しく社会人となるあなたは、扶養されていた今までとは違い、社会貢献のために働き、納税し、社会の一員として認められることとなります。
一番の違いは、貢献した恩恵により、お金を貰う立場に変わるという事です。親に養ってもらっていた立場から、自分が働く立場に変わるという事は、社会的な責任が備わったことに他なりません。

 

日本経済が低迷する中、不況にも負けない精神力で、夢への第1歩を踏み出すために、一人前の社会人としての準備をしておきましょう。そのためには、まずは心構えです。
新社会人

  • 人生の目的を明確にする
  • 仕事を楽しむ
  • 失敗を恐れない
  • 分からないことは積極的に聞く

これらの心構えとして従事することが、新社会人としては非常に重要です。

新社会人としての習慣

今後のビジネスパーソンとしてのあり方を決めるのは、身に付いた習慣であると考えます。ひとかどのビジネスパーソンを目指すのなら、悪しき習慣を絶ち、良い習慣を身につけることに付きます。
管理人が考える悪しき習慣、良い習慣とは次のようなものです。

悪しき習慣とは

  • テレビを見ること
  • 責任転嫁をすること
  • 否定的な口癖を使う事

良い習慣とは

  • 分からないことを聞くこと
  • 人の意見に耳を傾けること
  • 早起きをすること
  • 読書をすること
  • 目標に向かって努力すること

新社会人向けの本をピックアップしてみましたので、参考にして下さい。

新社会人の必需品

新社会人

新社会人になるにあたり、その職種によらず必需品として準備しなくてはいけないものは、さまざま在ると思います。ただ、その中でも最低限必要なものと言えば、ビジネスマナーではないでしょうか。

 

マナーにはビジネスマナー以外にも、一般常識、冠婚葬祭など、ビジネスマンとしてだけでなく、新社会人として身につけなければならない、ある意味、必需品と言えるでしょう。